丹沢登山2日目!雨!

大宴会で終わった初日の丹沢登山。2日目は蛭が岳を目指し、あさ4時起床。天気はあいにくの雨。何も見えません。
せっかくここまできたのだからと、みんなレインウェアを着ていざ出発!
大きな荷物は山荘に置かせてもらい、軽い装備で行きました。
天気予報では午後かは本降りということでしたが、ここは山の中。平地より天気が悪くなるのが早いです。早く歩きたいところですが、雨のせいで残雪が水で濡れて足が滑るし、埋もれるし、なかなか進みません。
丹沢山から蛭が岳までは鎖場も少しあり、慎重に進みました。
6:30に出発して、2時間ほどで蛭が岳山頂につきました。休憩もそこそこにすぐ下山開始です。あとは下るだけと思うと、少し気持ちが楽な感じがしました。
みやま山荘で置いていた荷物をザックに詰め込み、塔の岳まで急ぎました。
みんな雨に濡れてびちょびちょです。途中によった、塔の岳頂上の尊仏山荘で、甘酒をのんであったまりました。あったかい飲み物は気持ちがほっこりしますね。
気持ちも落ち着いたところで、大倉尾根を下山。単調な下りで太ももとふくらはぎが痛い。膝がガクガク。
3時に無事に下山した時にはみんな疲れて言葉が少なかったけど、帰りの電車はみんな元気で、お菓子を食べながら帰りました。

みやま山荘ってすごくいい!

今日お邪魔しているみやま山荘。
丹沢山の頂上にある山小屋ですが、丹沢の中でも一番綺麗ではないでしょうか。
ストーブが2台もあって、とっても暖かいです。冬の山小屋って、結構冷えるんですよー。暖房も満足じゃないし、人も少ないから肉暖房もない。真冬でこんなあったかい山小屋初めてです。乾燥室、更衣室はもちろんあります。
トイレの便座があったかいのはこの寒い時期とても嬉しいです。これも他の山小屋ではなかなかないなぁとしみじみ感じてました。
やっぱり雪がある山を歩いてくると、体が冷えてるんですね。ついつい暖かさばかりに目がいってしまいます。

そして、このみやま山荘、ごはんがとっても美味しいです。この日の夕食はなんと焼肉!鉄板も出てきて自分で焼けます。山小屋に行くといつも食事がさみしいんですよねー。山の上だから食料とれないから仕方ないか。と、いつも言い聞かせているのですが、ここは違いました。朝はなんと炊き込みご飯!おかわりの人ももちろんいました。
ついつい長居しちゃう山小屋ですね。
この日の友達との大宴会も楽しかった!話がはずんではずんで。ここならまた泊まってもいいなぁ。

久しぶりー!丹沢に登山

ここのところ大雪の影響で、ずっと登山の予定がつぶれてがっかりな私。
せっかく2連休とったから、今度こそら山に行きたいっっと思い、丹沢に行くことにしました。
ルートは大倉尾根から塔の岳、丹沢山。みやま山荘に泊まって次の日に丹沢山系最高峰の蛭が岳へ。帰りはピストンという感じです。

一日目。天気は曇り。渋沢駅からバスに乗り、大倉ビジターセンターまで行きました。土日なら大混雑だけど、さすがに平日は人はいないですね。
大倉尾根。通称バカ尾根。単調な登りが続き、バカみたいに登るからそう呼ばれているのか??
とにかくこのひたすら登る。アップダウンがないので結構登るのに飽きてきてしまいます。
途中、グループの1人が両足をつってしまいました。初めて足をつってしまった人をみた私はどうしていいかわからず、アタフタ!ただただ心配する私の横で、他の人たちはほんと手際が良くて感動しました。バンテリンを塗り、岩塩を食べさせ、水分補給!そしてマッサージ!と、どんどん処置が行われて行きました。
努力のかいも虚しく、足をつった仲間は下山。
さみしかったけど、先に進み、塔の岳を越えて日本百名山の丹沢山へ。
天気がイマイチで展望は良くなかったけど、無事について一安心。頂上にあるみやま山荘で宴会をして、この日は眠りにつきました。